スポンサーリンク

検診の結果を聞きに行っただけなのにお金を取られた

皆さまこんにちは。6割主夫です。昨日重い腰を上げてようやくエコーの結果を聞きに行きました。

以前にいつも通っている心療内科の血液検査でコレステロールの値が異常だったので、それを受けて別の病院で検査を行い、その結果を聞きに行ったのです。

昨日血液検査の結果を受けて、脂質異常症の可能性があるのでエコーを受けてみてはと言われました。なんか怖いような気もしますが、まあ何とでもなるだろうと気楽なワタクシです。

結論からいいますと、肝臓に少し小さなポリープらしきものはあるものの、全く影響のないものなので、体には何ら問題なく健康だと言われました。

これでホッとし、「さあ終わった。あとは診察券をもらって帰ろう」ということで、名前が呼ばれてさあ帰るぞと思っていたら、受付の人から「380円です」と言われ、思わず一瞬ですが、頭の中が真っ白になり、「何でやねーん!」「なぜ結果を聞いただけなのに380円も取るのかー!?」と思いましたが、ここはグッと我慢をし、お金を渡しました。

今回は本当に結果を聞いただけで何も診察なり処方なりされていません。なのにお金を取られるという始末。

なので診療明細書たるものがあったので、調べてみますと、明細書発行体制等加算が73点、外来管理加算が52点で計125点。これを10倍して3割負担ですから375。これを切り上げて380円という計算になるようにしていました。

これが違法なのかどうなのか正直よくわかりませんが、ただ感じたのは特に診察も何もしないのに、ただ結果を伝えるだけでも医者はお金を取るのだということです。こんな特に何もされていない患者からもお金をもらうなんて、非常にせこい商売だなと感じずにはいられませんでした。

まあ異常もなかったので、ひとまずは良しとしなければならないのですが。

それにしても腑に落ちないというか、何となく納得がいかないのはどうしてでしょうか?時間にして5分もありませんでした。せいぜい3分といったところでしょうか?3分で380円ですから、単純に時給換算をしますと、約7,600円近くになります。何ともまあ高給なお仕事なのでしょうか?

今回の件で改めて感じました。医者のような高給取りにできるだけお金を払わないようにしようと。そのためには常に健康でいて、なるべく病気にならないようにして、病院とは縁遠くならないといけないと。

そうはいっても、ワタクシはうつ病持ちで月1回病院に行っていますし(これは大阪市の国保の精神自立支援の規定により、診察費及び薬代が無料になっています)、年に何回かは歯医者に行ってクリーニングをしてもらっています。

子ども医療証などは、一つの診療機関に対し2回までは500円の負担が必要ですが、3回目からは無料です。それを考えると小児科などは儲けも少なく結構忙しいような印象を受けます。

それにしても最近は病院にしても、バスの車内に関しても高齢者が多いのが気になります。大阪市の場合、市バスは敬老優待乗車証というのがあり、これを持っていると50円の負担だけで済みます。なので常にお年寄りがうじょうじょと乗っていて、時々嫌になったりもします。

他所の市はどうなのか知りませんが、一昔前はこの敬老優待乗車証を持っているだけでバスが無料でしたので、そう考えるとまだましなのかもしれません。

このようにこのバスに関しても、医療費に関しても高齢者はかなり優遇されているような気がします。いい加減現役世代に対する優遇も考えてほしいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 73点は再診料で、これに明細書が出せる医療機関の場合は、明細書発行体制等加算を含むことができるんですよ。2点とかですけどね。
    で、処置とか手術をしない場合は、外来管理加算ができるんで、この380円になるのですわ。

    もちろん、時間は関係ないので、15秒で話が終わってもこの値段だし、15分無駄話をしてもこの値段です。
    だけど、医者は、380円以外に、残りの7割分の保険で875円を貰うわけですよ。だから3分だったら、時給換算で25000円ですね。
    保険制度がおかしくなりそうですね。

    でも、異常がなくてよかったですね。

    • 6割主夫 より:

      久々のコメントありがとうございます。
      別に何ら診察もされていないのに、380円も取られるだなんてまさに異常としか言いようがないですね。
      体が無事なのは良かったですが、検診を受診するのを考える必要がありますね。