スポンサーリンク

今日は仕事納め。だけど主夫の仕事はまだまだ続く

皆さまこんにちは。6割主夫です。今日12月28日は仕事納めのところが大半でしょう。セミリタイアを望んでいる人にとっては、まさに明日から待ちに待った休みに入るのです。

だがそんな仕事納めをよそに、年末年始関係なしに働く人たちもいます。鉄道会社や病院、警察、消防、小売店で働く人たちです。これらの業界で働いている人は仕事納めだなんて言ってられません。

主夫業も同様です。主夫が家の用事をしないと、基本家の中が回りません。主夫もまた仕事納めという言葉は関係ないのです。

スポンサーリンク

セミリタイア主夫は楽なのか?

ワタクシは一応主夫と名乗っていますが、これはセミリタイアをしたから主夫と名乗っているわけで、そうでなければただの無職です。

無職であれば家でも何にもしていないように映りますが、主夫ということで一応家の用事はこなしている形です。とはいえ昨日は大半を嫁にしてもらいましたが、今日は山ほどしなければいけない用事がありますので、おちおち休んでいてばかりもいられません。

セミリタイア主夫は楽かどうかですが、サラリーマンに比べればかなりお気楽な面がある反面、一日たりとも休めないのが現状です。ワタクシも昨日は確かに休みましたが、全く何もしていないわけではなく、朝5時40分に起きて洗濯物干しをし、買い物にも行き、風呂掃除もするなどして完全に休んでいたわけではないのです。ただ全部もできないので、一部を嫁にやってもらったのです。

主夫業はこれからも延々と続いていきます。株式市場と同様無くなることはありませんし、会社みたいに倒産することもありません。そういう意味では常に仕事がある形となります。正直決して一銭にもならないところが、主夫業のつらいところでもあります。

短い正月休み

明日から休みとはいえ、今回の正月休みは役所の場合は6日しかありません。これではあっという間に時間が過ぎていきます。普段できない掃除もなかなかじっくりと腰を据えてやることもままならないでしょう。

ワタクシはセミリタイアをしているので、一応休みといえば休みなのですが、一方で主夫業もしているので、完全に休んでいるわけでもなく、自分の時間も100%自由に使えるわけではありません。一人暮らしのセミリタイア生活であればいつ何時何をしようと勝手ですが、家族がいるとそういうわけにもいきません。

正月休みの外出予定


今回の正月休みは明日に友人と忘年会をやる以外は、1日に初詣をしてワタクシの実家に行くだけです。今回は嫁の実家には行きません。

嫁の実家は交野市にありますが、我が家には車がないので、移動するのには電車になります。我が家からワタクシの実家までは電車と徒歩で40分もあれば余裕で行けます(自転車だと15分)。一方で嫁の実家へ行くには1時間半はかかります。今は特に赤ちゃんがいますので、歩くのもゆっくりでないといけません。

それに当たり前ですが冬は寒いので、子どもを極力外に連れて行きたくないというのがあります。ただでさえ鼻水が出ている状態ですので、これ以上悪化させたくもないので、今回はワタクシの実家に行く以外はおとなしく家でいる予定です。

年末年始も早寝早起きをすることに

昨日は少し遅めに就寝しましたが、明日以外は基本早寝早起きをする予定です。年末年始とはいえ洗濯物はいつも通り出ますし、ごみも出りゃ部屋も汚れます。食事もいつも通りしますので当然洗い物もありますし、食材も不足するので買い出しも行かなければなりません。

年末年始だからといって遅寝遅起きをしている暇はないのです。特に朝はいつも通り起きてルーティン通りに行動しないと、それだけで一日がグダグダになってしまいますので、朝の起床は特に大事です。朝起きていつものように用事をこなしてブログを書く。この流れができないと一日のリズムが狂います。なので主夫業には休みなんて関係ないのです。

まいど、黒井です。あなたには毎日欠かさず行っている「ルーティン」がありますか?ルーティンというと、ラグビーの五郎丸選手のあのポーズや、イチロー選手のあのポーズなどを連想するかと思います。しかしルーティンというのはただの「いつもやっていること

それにしてもあれだけ早起きが苦手だったワタクシが今、毎朝5時40分に起きています。きちんと目覚まし通りに起きた場合にはカレンダーに〇印をつけているのですが、今のところ目覚ましをかけ忘れて寝坊した日以外はずっと早起きができています。サラリーマン時代でも6時半に起きていたことを思うと、まさに奇跡としかいいようがありません。

早起きは大事


朝早く起きることでやらなければいけない用事をさっさと済ませておけば楽です。寝るのはそのあとにしましょう。

朝早く起きたらベランダに出て外の空気を吸います。今は物凄く寒いですが、これでまずバイオリズムを整えます。さらに晴れているならば、太陽の光を浴びることでさらにやる気が出てきます。そしてやるべきことを先にやってしまうのです。こうすることにより一日がスムーズに進みます。

用事をほったらかして先に二度寝をしてしまうと、あとがメチャクチャしんどいです。しんどいのが嫌であれば、その時に我慢して行動するしかありません。

セミリタイア生活を暇と思っている人が結構いるかと思いますが、実際はそうでもありません。ケースバイケースで異なってくるセミリタイア生活。果たしてセミリタイア生活は本当に暇なのか否かを書いてみました。

ワタクシはセミリタイア生活をしている身ですが、だからといって遅寝遅起きをしてもいいわけではありませんし、決して暇ではないのです。ワタクシの周りの人間は仕事をしているので、当然朝も普通に起きています。自分だけのんびりしていれば、周りから取り残されてしまう感がします。なので朝だけは世間一般と同じようにきちんと起きているのです。

最後に

世の中にはワタクシ以上に苦労している人も大勢います。中には休みも関係なく働いている人もいるでしょう。

そう考えればやはりワタクシは今のところお気楽稼業といえます。収入がないのがネックですが、これも自分が承知の上で選んだ道です。嫁が稼いで食わせてもらっている身分で文句を言ってはいけません。

年末年始に休める人もそうでない人も、とにかくお体には気をつけてほしいものです。何をするにも健康が大事です。無理せず休めるときにはしっかりと静養してください。ただし休みが続くと調子が狂う場合もあります。そういった場合は普段やっているルーティンを忘れずに行うこともまた大切です。休みの間も体調管理をしっかりと務めてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする