スポンサーリンク

12年勤務して手取りが14万円。この人が現状を打破するには?

皆さまこんにちは。6割主夫です。今朝は非常に涼しかったです。日中との寒暖差にはくれぐれもお気を付けてください。

ワタクシの今朝は少しこの気候にやられてしまったのか、くしゃみが出て鼻水も多少出ています。

さて、先日12年勤務して手取りが14万円しかない人のツイートがあり、それに対するホリエモンの反応が話題になっています。今日はこのことについて書こうと思います。

スポンサーリンク

給料が安いのは本人のせい

では、ホリエモンのツイートを見てみましょう。

これはね、ワタクシも同調します。12年働いて手取りが14万しかないっていったいどんな仕事をしているのでしょうか?こういう人こそ国や周りのせいにするのでしょうね。

このツイートに関してはいろいろ話題になっていますが、ワタクシならとっとと転職するか、自身で何かキャリアを積み上げるかして現状からの脱却を図るような何らかのことはするでしょうね。

結局給料が安いのは本人のせいだという結論に達するのです。安けりゃ安いなりに何らかの工夫や努力をする必要があるのに、それをしなかった本人に問題があるように思います。

普段から厳しい意見を言うホリエモンですが、さすがにワタクシもこの意見には同調するよりほか仕方がなかったです。

ワタクシの場合

ワタクシが新卒で入った民間をやめて公務員になったのも、正直福利厚生が安定していて、手っ取り早くお金が稼げそうだったからです。そのためにバイトをしながら夜に学校に行き、合間の時間は必死で勉強をしていました。

新卒で入った会社はすぐに残業残業の連続で、それこそ残業手当なんて出ない、いわばサービス残業でした。

そんなことに時間を取られるのはアホらしいのと、まだ若いんだから今ならやり直しも利くと思ったので、早めにやめたのです。

世間の新卒の人間は給料をもらい、ボーナスをももらっている。それを見ている母は、「よその子はボーナスももらっているのにお前は…」「お前昼間は電話や外に出るな」とか散々嫌味を言われていました。

そんな苦痛にも耐えながら自分なりに努力をして福利厚生や給料が民間よりは安定している公務員に転職したのです。そして自分なりに工夫や節約をして必死になって働き、セミリタイアができたのです。

そういう風な努力や工夫や我慢などをこの手取り14万円の人はしていたのでしょうか?ただ他でバイトをするよりかは、少しでも自身のレベルアップのためのことをすべきではないかと思うのです。

いろんな稼ぎ方

今や副業なんかは変に働きに出るよりも、ネットなどでできるのではと考えます。

また株で投資をして稼ぐのも良し、ポイントサイトなどで地味に稼ぐのも良しで、わざわざ本業以外の時間まで労働をする必要はないと感じます。

人間労働だけではいけません。当然休みや気分転換も必要。そういうメリハリがあって初めて人間らしい生活ができるのではないのでしょうか?

また稼ぐだけでなく節約も大事です。具体的にはできるだけ自炊をする、昼食は自前の弁当とマイボトルを持って行って外食代を浮かす、酒やたばこ、ギャンブルはしない、都市部であれば車は持たないなどの工夫をすればいくらかお金は残ります。

労働は本業のみにとどめ、ネットでの副業などで稼ぎつつ、節約も心掛け、かつ自身のレベルアップを図ることで今の状態からは変わるのではないのでしょうか?

最後に

やれ税金が高いとか保険が高いなど文句ばかり言っている人がいますが、日本にいる限りこういう条件は誰でも同じです。

それなのに国や社会のせいにするのは間違っています。確かにおかしな政策などもありますが、そんなことをぐだぐだ言っていても何も始まりません。

現状を変えるには本人が何らかの工夫や努力をするより他仕方がないのです。転職が嫌なのであれば、どうすれば生活が豊かになるのかを考え、それに向けて実行するしかありません。

人や周りのせいにする人は結局言うだけで何ら工夫のできない人が多いように見受けられます。現状を打破したいのであれば、人を頼らず自ら動くより他仕方がないのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする