スポンサーリンク

世間の動きについていけないときは直接自分の目で確かめることも必要

早いもので9月も半ばに突入だ。

まだ多少暑い中、世間では服屋においては秋冬物が飾られていたり、その他ハロウィングッズが飾られていたりとまさに季節の移り変わりというのを感じることがある。

だけどこういうのは家に引きこもってばかりだと味わうことはできない。いくらセミリタイアをしていたり、主夫だからとはいえ時には外に出て世間が今どのようになっているかを自分の目で直接確かめることも大事なのだ。

先日家族で梅田に行ってきた。いわばこの日が子どもにとっては初の梅田デビューだ。人の多さは相変わらずだったが、ここ数年で梅田の雰囲気が驚くように変わってきている。ワタクシが知っている昔の梅田の姿があっという間に変貌しているのだ。

ワタクシ自身今でも梅田に行くことはあるが、昔のようにしょっちゅうではなく、何か月かに1回行くか行かないかという程度だ。まあ大して用事がないというのが大きな理由だ。

なんばにさえも行くことがほぼ無くなった。天王寺なんかは専ら行くことなど皆無だ。それくらいセミリタイアをして主夫業をしていると出かけることなど無くなってくるのだ。

スポンサーリンク



正直何故そうなったのかと言えば電車賃が痛いからだ。なるべく格安の自販機で切符を買うようにしているのだが、悲しいことにこれがもうすぐなくなってしまう可能性があるのだ。

であればますます電車に乗る機会なんて少なくなるように感じる。たかが電車賃とは言うものの、ワタクシのような車を持っていないセミリタイア民にとってはこの電車賃というのは結構痛いのだ。かと言って47歳にもなって自転車で行くのはかなり無茶な話だ。そんなことこの歳になってできるわけがない。

とはいえ、家にばかりいても引きこもりになるだけだし、近所ばかりだとこれも正直飽きてくる。

いくらネットニュースなどで情報を得ることができても、パソコンで見るのと実際に自分の目で見るのは大違い。いろんな意味における情報収集と新商品などを自分で直接確かめることによりほんの少し充実感を味わうこともできるのだ。

サラリーマン時代はこのようなことをしょっちゅうしていたのに、今ではなかなか思うようにすることができないのが現状だ。いつも書いているが主夫は結構忙しい職業なのだ。

とはいえこれからはできるだけ最低月一で繁華街に行って自分の目で何がどうなっているかを確認しておこうかと思っている。家に居るだけだと何の進歩も感じられないし、充実感も味わえないからだ。

だけど段々と寒くなっていくので果たしてどうなることやら…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする