スポンサーリンク

学校は休み、飲み会は自粛。少し羨ましい

皆さまこんにちは。

今、新型コロナウイルス関連でかなりのことが自粛となっている。学校しかり、飲み会しかりだ。

こんなときにこんなことを書くのは少し不謹慎な感もするが、学校嫌いかつ飲み会嫌いのワタクシにとってはこの状況は羨ましくてならないと感じている。

ワタクシは小・中学校時代はとにかく学校に行くのが嫌で嫌でたまらなかった。特に始業式前なんかはそれこそサザエさん症候群になったものだ。

それが今はコロナのために大阪府の場合は幼稚園と小・中学校は4月8日から19日まで、高校は5月6日まで休むといった具合だ。

こんなに休みがあるなんて、当時のワタクシに言わせるとなんともまあいいなあというか羨ましいなあというのが正直な感想だ。

まあ外出は極力自粛だから少々退屈な感もあるが、今は幸いネットで勉強もできるし、いろんなゲームもできるから、わざわざ無理をしてまで外に出る必要もないだろう。

またこの時期はサラリーマンであれば歓迎会や花見、飲み会などいろんなイベントに誘われることも多いのではないか。

かつてワタクシもそうだった。この時期は異動したてで仕事もドタバタしているにもかかわらず、平日の中日に飲みに行くということが多かった。もちろん週末でなかったので、飲みに行くのが嫌で嫌でたまらなかった。

そもそも中日に飲みに行くと、まだ仕事に行かなければならないのにもかかわらず、前の日の酒が残っていて仕事もままならないことがよくあった。

そんなことを考えると、今は飲み会も多少自粛されているからそうそう飲みに行く機会も多くのないのではなかろうか。とはいえ妻の同期なんかはコロナの影響でかなり仕事が増えたとのことでヤケになって飲みに行っているそうだが。

別に酒なんか飲まなくても生きていけるし、意味のない歓迎会などする必要などない。そんな時間とお金があれば自分の趣味などに使うのが一番だ。

学校の休みは本当に羨ましい。不謹慎だがワタクシの学生時代にもこういう状況だったらなあと感じる。ただ感染はしたくないが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする