スポンサーリンク

こんな事態に陥ってもパチンコ屋に行く人たち

皆さまこんにちは。

先日大阪府の吉村知事が自粛要請に従わないパチンコ屋に対し店名を公表した。そして後にその内の3店が休業をすることにした。

まあこれはこれで効果があったのだが、問題は店名を公表されたにもかかわらず、未だに営業をしている店とそこに足を運ぶ人たちだ。

大阪のとあるパチンコ屋は朝から行列ができていた。こういう光景を見てワタクシは「本当にバカな人たちだ」と蔑んだ目で見ていた。

そもそもこんな緊急事態宣言が出ているにもかかわらず、家に居てもやることがないと言ってパチンコ屋に行くなんて自ら感染をしに行くようなものだ。

子どもでも学校やその他の遊び場所に行けず我慢しているのに、いい歳をした大の大人が我慢できないという始末。全く、ここまで来てまでパチンコ屋に行くなんてそれこそギャンブル依存症ではないか。

挙句の果てには県外から車で来てまでパチンコをしようとする輩もいるからタチが悪い。

そういう人たちは常識的な感覚というのが失われているのだろう。挙句の果てには、

コロナ?はぁ?俺の趣味はパチンコや!

とか、

独身なので誰にも感染しない。何が悪い。

だのと宣っている人たちも存在する。

いや、そういうことなんじゃなくて、自分が原因で周りの人に感染するリスクが増えるのだよ。しかしそういう人に限ってその人自身は症状が発生しないんだよなあ。

こういう人たちは今、医療従事者たちが必死に命を守ろうとしているのをまるでわかっちゃあいない。こういう輩に限って「その時はその時」と言うが、いざとなったら慌ててしまうというのがオチだ。

ワタクシはパチンコが嫌いだ。音がうるさいし、前を通っただけでも耳や頭が痛くなる。それにいくら空調がいいとはいえ、タバコ嫌いのワタクシにとっては、あそこの前を通るだけでニコチン臭がするのが非常に嫌なのだ。

行きたいのであれば人まず今は我慢して、平時になったときに思い切って遊べばいいじゃないか。本当、こういう人たちにはこの本を読んで勉強してもらいたい。

あ、そもそもこういう輩は本なんか読まないか!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする