スポンサーリンク

老後資金2,000万円についての考察

皆さまこんにちは。6割主夫です。先日金融庁が資産を自助努力による運営をとの報告を挙げていましたが、その中で老後は2,000万円必要だと書かれてありました。

65歳時点で果たして老後資金が2,000万円も本当に必要なのか、ワタクシなりに考察してみました。

スポンサーリンク

金融機関を喜ばせるため

こんな記事がありました。

ある証券会社の元幹部が、「老後資金に2000万円が必要」とする金融庁の試算に、こう言う。「(ちょっとした騒動になってしまったけど)いい問題提起だったと思うよ」――。金融庁の金融審議会(市場ワーキング・グループ)がまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」(2019年6月3日発表)によると、「人生100年」時代に、...

この記事の中にある報告書には「資産運用」の重要性が盛り込まれており、若い現役世代に対して少額から長期積み立ての分散型投資への取り組みをさらりと提言していました。

「貯蓄から投資へ」。この流れがなかなかうまくいっていない中、金融庁がこのような提言をしてきたので、金融機関側も「これで貯蓄から投資への流れが期待できる」と思ったのでしょう。

とはいえ、これまで投資などろくにしていなかった人が急に「投資をして資産運用をしろ」と言われても正直無理な話。投資に関心のない人がいまだ多くいることもまた事実なのです。

根拠がおかしい?

先の報告書の中には、夫婦で月26万円の支出として、年金収入が21万円なので5万円の赤字が発生すると書かれてあります。

しかし思うに、高齢夫婦が果たして月26万円も使うのでしょうか?ここが疑問です。

まずは食が細くなるので、自然と食費がかからなくなります。さらには子どもが独立したと仮定すれば、子どもにかかる支出も無くなります。

まあ支出が増えるのは医療費もしくは介護費でしょう。60歳ともなればさすがに現役時よりも欲しいものもなくなるでしょうし、公共交通機関を使って出かけることもさほど多くないでしょう。

さらに自治体によっては、公共交通機関の無料パスとか100円で乗車可能なところもあります。そう考えると交通費も減ります。

そんなことを考えると、高齢夫婦のみの世帯で月26万円の支出なんてありえないと考えております。

貯蓄ゼロの世帯も多い

世間では貯蓄ゼロのところもあります。

考えられるのはやはり住宅ローンでしょうか?ローンを当面払うとなれば貯蓄などする余裕がないのも頷けます。

そんな貯蓄ゼロの世帯にとって急に「老後資金は2,000万円必要」と言われても正直どうしようもありません。そもそもそういう人は投資なんて頭は無いでしょうから。

そんな貯蓄ゼロの世帯は果たして老後になったときどうするのだろうかと老婆心ながら心配したりもします。

最後に

この報告書を受けて、国は責任を放棄し、国民に丸投げしているという批判も数多く見受けられます。

であれば財源の使い道などを見直す、国会議員の報酬を下げる、定員を減らすなどできることはたくさんあります。

何もしないで責任を丸投げするのは無責任です。年金積立金を資産運用して赤字に陥ったツケを国民に丸投げするのはやめてほしいものです。

こうなれば保険料を取るだけ取っておいて将来は払う保証がないといういわば国自身が詐欺をするのでしょうか?そうなれば国はとんでもないことになるでしょう。

そう考えると長生きなんてしたくないと思うのですが、子どものことを考えるとそんなことも言っていられないなあとあれこれ考える今日この頃であります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする