スポンサーリンク

今日から新生活。けど子どもがいきなりやってくれた

皆さまこんにちは。6割主夫です。さて今日は子どもの1歳の誕生日とともに、妻が職場復帰をする日でもありました。

今日からワタクシが一人で子どもを保育園に預けに行くのですが、前の日に妻から何をするのかを事前に聞いていたので、預ける9時過ぎまでの間の辛抱だと思い、まあ何とかなるだろうと思っていました。

ところが初日からいきなり子どもがやってしまいました。思わぬ事態に少し慌ててしまいました。

スポンサーリンク

妻が出てから事件は起こった

朝はいつものように5時20分に起きて、洗濯物干し等の家事をこなし、そこからブログを書こうとしたものの、なかなか書けず仕舞いでした。

子どもが7時過ぎに丁度うんちをしたので、妻がおむつを替えてくれて家を出てから事件は起こりました。

妻が家を出てからは基本ワタクシと子どもの二人きりとなります。この間に何もなければ、8時過ぎに再度おむつを替えて保育園に行くだけと思っていたのですが、妻が家を出て5分もしないうちに子どもが「う~ん」ときばっていたのです。

「これはもしや…」と思ってお尻を匂いますと、やはりうんちをしていました。1時間も経たないうちに2回もうんちをするだなんて予想だにしない事態です。

それだけならまだしも、なんと背中にうんちがついてしまい、お陰で肌着とおむつ替えシートにうんちがついてしまいました。ひとまずおむつを交換するのですが、コイツがかなりの難敵で、きちんと仰向けにさせてもすぐにひっくり返り、なかなか思うようにおとなしくしてくれません。

無理やりお尻を拭いて、肌着やズボンを履かせようとしましたが、とにかく泣いてばかりでじっとしてくれません。まさに予想だにしない朝からの格闘でした。

汚れた服類はまだ家を出るまでに時間があったので、とりあえず洗濯機に放り込んで急いで洗濯をしました。

何とか子どもを抱え上げることができた

急いで洗濯物を干し、その後は再度おむつ交換です。この時点で8時過ぎです。

念のためと思いましたが、案の定おしっこをしていました。ここでもおむつを交換したのですが、先ほどにも書いたように、コイツのおむつ替えは一筋縄ではうまくいきません。何度も仰向けにさせて、そのスキにうまいことおむつを交換することができました。

そして子どもをベビーカーに乗せるのに、「うまいこと腰を痛めることなく抱え上げることができるだろうか」という不安もありましたが、ここはもうワタクシしかいませんので、何としても無事に抱え上げることが必要です。

何とか無事にゆっくりを抱え上げて、子どもをベビーカーに乗せることができました。ここまで来れば後は保育園に預けるだけです。

世の中の主婦は偉い


それにしてもワタクシの妻もそうなのですが、子どものいる親の苦労は大変なものがあります。

妻が家を出てから、子どもを無事に保育園に預けるまでの約1時間半強の時間ですが、一体どうなるのだろうと思っていましたが、初日から予想を超えることをやってくれました。

だけどお陰で少しは恐怖から解放された感があります。初日から非常に嫌でしたが、ああいう思いがけないことを最初に経験しておけば、しばらくは何が起こっても大丈夫です。

それにしても世間の小さな子どもを持っている主婦の人は毎日あんなことをしているのですね。ワタクシなどは今日、言うことを聞いてくれない子どもに思わず大きな声で「じっとしろ」と怒鳴ってしまいました。

それくらいは辛抱しないといけないのに、すぐ怒ってしまったワタクシ。主夫業を全うするにはまだまだだと感じた瞬間でした。

最後に

ひとまず今日経験してどんなものかはわかりました。後は雨の日とかはどうなるのかわからないので、その辺りのシミュレーションもまた必要です。

今日はベビーカーで行きましたが、腰が回復すれば抱っこひもで行こうと思います。その方が荷物も少なくなりますし、何よりも保育園に預けるときに置いておけるので、あとは妻が迎えに行ったときにそれを使う形となります。

まあ生活が変わったと言っても、実質は以前の状態に戻ったのとほぼ同じです。ただ朝9時までの活動が今までと若干異なるぐらいです。

だけど去年の8月から1年以上妻と子どもとずっと一緒にいてたのが、急に一人になって少し寂しい感もあります。この生活もある程度落ち着いたら、何か新しいことを始めてもいいかなと感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする