スポンサーリンク

父親の通帳残高がわずか3ケタだったのを見て思わず怒鳴ってしまった

皆さまこんにちは。6割主夫です。一昨日実家にてイザコザがあり、母から電話がかかってきたので、投票が終わった後に大雨の中無理やり実家に行ったことを書こうと思います。

結論を言うと、どうやらお金のことでいろいろ揉めていたそうです。そこでいろいろ話を聞くと、父は使えるお金がないと言っています。

年金振込用の通帳は生活用ということで母親ががっちりと管理しているので、そこから毎月小遣いとしてもらっているのです。

実家は両親は80近い年齢ですので、年金にて生活をしております。父は毎月3万ほど小遣いをもらっているのでしょうか、病院代と酒にお金が消えているそうです。

80近い年齢ですので、後期高齢者です。なので所得も高くないので、医療費も1割負担で済んでいるはずです。なのにお金がないという事実。先日も耳鼻科および歯医者に行く必要があるのに、「お金がない」と言って結局行かず仕舞い。母親が「お金は渡す」と言っているにもかかわらず…。

理由は酒でしょう。母親に聞くと、酒だけは辞められず、毎日欠かさず飲んでいるとのこと。病院から辞めるように言われているにもかかわらず、相変わらず飲んでいるそうです。

さらに酒のみならずおつまみや自分の好きな食べ物を買ったりしているので、お金が無いというのです。

そこで父親が自分の通帳を見せてくれましたが、なんと残高が800円余りしかなく、思わず「もらったお金を全部使ってばかりで残さんから、いざお金が欲しいときに困るんや」と思わず大声で怒鳴ってしまいました。同時に「80近いジジィがそんなに一体何にお金を使うねん」と大声で叫んでしまいました。

父親の方がワタクシよりも多くお金を使っているという事実。ワタクシは月によって変動はありますが、それでもせいぜい25,000円が限度。平均では15,000円ほどでしょうか?ワタクシは父親よりもひもじい生活なのに気づきました。まあワタクシ自身が家で酒を飲まないのが大きいのかな。

けどそんなひもじい生活だからこそお金も残るし、いざというときにも困らずに済んでいるのです。まあワタクシの生活がワタクシ自身さほどひもじいとも感じていないのもありますが。

そんな父親の通帳を見て思わず、「これで親父がもし独身なら、それこそ老後破産や孤独死まっしぐら」だと思わずにはいられなくなったと同時に、これじゃあ世間で言われている下流老人と同じじゃないかと思うと情けなくなってしまいました。

そういういくら言っても中々聞かない父親に対し、母親も限界が来て「離婚する」だのいろいろと言っています。とはいえ、この母親の虚言癖もずっと昔からの事なので、今さら驚きませんが、これが仲が悪いのに離婚もせず、無理くり人生を共にした末路だと思うと、非常に悲しくなりました。

こういう両親を見て、自分はこうならないように、妻と子どもから見捨てられないようにしようと強く感じた出来事でした。まあ今さら離婚しても全然驚きませんが、母親には離婚時に夫の老齢年金の半額を請求することもできるよということだけ教えておきました。

まあ「○○する」と言ってしないのが母親の定番なので、そんなことはないと思っていますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. お金の使い方を知らない典型のような話ですね。
    自業自得と言えばそれまでですがお母さんは大変だろうな。

    • 6割主夫 より:

      言うことを聞かなかった末路がまさにこれです。
      父には悪いですが、反面教師として自分はこうならないように気を付けようと思います。

  2. ウチの父親も浪費癖がひどくカネは全くなかったようです。
    この世代はそういうのが多いですね、金銭教育もへったくれもなく、とくに男は甘やかされているのが多い印象です。
    だから日本はカネは妻にまかせる、という文化になってしまったんですよね、男が馬鹿すぎるので。

    • 6割主夫 より:

      これこそまさにダメ人間の典型です。わが父ながら情けなく、そして非常に悲しいです。
      「妻の言うことを聞かなかった夫の末路」という名前で記事ができるかもしれません。

  3. 流浪あき より:

    先日うちの父が亡くなりました。61歳でした。
    うちは貯金どころか、借金がありました。
    数十万レベルですが。
    それでも、もう少し生きていて欲しかったですよ。

    • 6割主夫 より:

      ワタクシの父は昔から家族の忠告を聞かずに酒・たばこをして好きなだけ金を使って貯金という概念なんて頭になかったのでしょう。
      そんなツケが今になって来ているのだと感じます。自分はそうならないように気を付けようと思っています。