スポンサーリンク

季節の変わり目は必ずと言っていいほど体調が悪くなる

最近は早朝が肌寒く感じることがある。寒いのが苦手なワタクシとしてはこの時期の早朝というのは非常に体に影響を及ぼすのだ。

昼はそれなりに快適なのだが、それでも昨日などは天気があまり良くなかったというのもあり、ほぼ何もする気力が起こらなかった。

こういう状態になると大抵ろくなことばかりしか考えなくなる。実際昨日もどうにもならないようなことばかり考えてばかりで少しうつ状態になったりした。

とはいえ今は主夫なので朝と夜は必要最小限の家事をこなす必要がある。段々と朝起きるのも辛くなりつつある。けどそんなことも言っていられない。

妻も有休がさほど残っていないのでこれ以上休んでもらうわけにはいかない。となれば余程のことが無い限り朝の保育園の送りはワタクシがしなくてはならないのだ。

これがもしワタクシ個人のことであれば先延ばしにしたり中止したりするであろう。だけどいかんせん子どものことになれば、子ども自身がまだ一人で自分のことができないので、そこは無理をしてでも親であるワタクシがする必要があるのだ。

そう考えると主夫もあながち楽ではないということだ。ワタクシの場合は料理は妻にやってもらっているので、要は料理以外の家事を担っている形だ。

朝は起きてすぐにトイレ掃除と浴室掃除、洗濯物を干して、朝食後は翌日の弁当を作りつつ後片付けをする。それが終わると子どものおむつを交換して保育園に行く体制に入る。

その日の天気が一日中雨だったりすると、早めに起きてコインランドリーに行ったりすることもある。しんどいけれど洗濯物がいつまで経っても乾かないというストレスに比べれば明らかにましだ。

月水金は保育園から帰ってくるとブログを書き、火木は近所のスーパーに買い出しに行く。それらが終わると部屋掃除をして、それからしばらく横になることが多い。最近は午前に二度寝をすることが多いのだ。

昼食を摂ると洗濯物を取り込んで片づけをする。そして昼から夕方にかけてが比較的余裕があるというか自分が自由に使える時間になる。この時間を利用して出かけたりダラダラしたりしているのだ。

普段ならここで出かけるところだが、昨日は全く何もする気が起きず、ようやく夕方になって買い物に出かけたのだ。要はそれくらいしんどかったのだろう。

スポンサーリンク



特にこれからの時期、すなわち暖かい気候から涼しくなったり、あるいは涼しい気候から寒くなるような気候、すなわち気温が下がるのが辛い。冬場などは日照時間も短いし、曇り空の日も多いのでうつ病になりやすいのだ。

それが証拠にワタクシの場合はすぐに寝込んだり、ひどいときは全く何もできなくなる。こればかりはどうしようもないが、それでも主夫としては必要最小限のことをしなければならない。

けど家族、特に子どものためと思えばまだ歯を食いしばってできるであろう。現に昨年のあの異常な寒さのときにでもそれなりに主夫業をこなすことができたのだから。

幸い今年の冬は昨年と比較して暖冬だと言われている。けど冬なので寒いのには変わりない。冬場は夏場と比較して洗濯物も増えるし、布団の片付けも分厚い掛布団や毛布が増えたりなどで少し面倒くさくなる。出かける際も厚着をしなければならないなど手間がかかり何らいいことがない。

しかしこれはワタクシのみならず全ての人にあてはまることだ。今年は体調がどうなるかわからないが、それでも我が家がきちんと回るためだと思えば多少無理も効くのではと思っている今日この頃だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする