スポンサーリンク

日本の社畜を滑稽だとあざ笑ってはいけない

皆さまこんにちは。6割主夫です。先日の台風で関東地方はかなりの被害がありました。心よりお見舞いを申し上げます。

さて、このような事態になるといつも思うのが、こういった状況下でも出勤しなければならない日本の会社の性質です。

確かに仕事は大事なのでしょうが、人の命の方が仕事よりもはるかに大事なのではないかと思うのは果たしてワタクシだけでしょうか?

スポンサーリンク

何としてでも会社に行く社畜たち

今回の台風では一部の鉄道会社で計画運休を発表していました。

けど思うに、この計画運休というものがくせもので、全ての鉄道会社が一斉に行って、いっそのこと自宅待機とかにさせるようにすればいいものの、地下鉄なんかは動けるものですから、あえて平常運転をさせたりするので、尋常ではない満員ぶりになって大混乱をきたすのではないかと感じるのです。

また津田沼駅ではまるで江戸時代の参勤交代を思わせるような光景も見られました。

正直こんなに並んでまで会社に行く必要が果たしてどこにあるのでしょうか?行ったところで午後からの勤務でしょうし、それに待ちくたびれたり、満員電車の激混みで心身もかなり疲弊しているはずです。

それなのに、そんな状態でも必死に這いつくばって会社に行く社畜たち。だからと言ってわれわれセミリタイア民は決して笑ってはいけないのです。

会社の指示は?

そんな中、会社側もいろんな指示が見られました。

こんな状況でも出勤を指示する会社、自宅待機にさせる会社、自己判断で出勤をさせるか否かを決めさせる会社とまさにいろいろありました。

この中で特にくせものが、自己判断で出勤をさせるか否かを決めさせる会社ではないでしょうか?

「他の社員が来ているのに、なざ来なかったんだ」と噛みつく上司もいるのではないかと感じますし、そういういざというときでも出勤をするという姿勢があるか否かで人事評価をしているのではないかとも感じるのです。

けどまだ出勤を自己の判断でさせるぐらいですから、一応こういった会社は人の命を考えているとも言えるでしょう。

最低なのは、こんな状況下でも普通に出てこいという会社です。

某社長もこんなことを言っていました。

「社員は会社に出てきて当たり前」

この会社は今は2代目が社長として君臨しており、皆勤手当の支払いを廃止する際に放った言葉です。まあ確かに間違いではないと言われればそうなのでしょうが…。ちなみに先代の社長の時は皆勤手当があったそうです。

こういうのがいつまでも社長である限りはいつまで経っても働き方改革も実行できないでしょう。

自分がいなくても何とかなる

日本人の勤勉さは世界でもトップクラスです。

けどたいていの経営者はそれを利用して、従業員の時間と心を搾取しています。また従業員の側も知らず知らずのうちに洗脳されているといった感じです。

確かに仕事は大事です。でも1人でやっている個人事業主でない限り、会社にはほかの人もいますし、自分が仮に休んだところでたいして影響は出ないはず。

けど大半の人間は、「自分が出勤しないと回らない仕事がある」と勘違いしているのではないのでしょうか?これは物凄い勘違いにも見えます。

そもそも組織で動いているのですから、誰がどんな仕事をしていて、進捗状況がどれくらいなのかを把握しておく必要があります(特に上司は)。それが出来ずにいるから問題なのでしょう。

ひどいときには、入院している最中にも会社から電話があり、「あの件はどうなった?」「この件についてはこれでいいのでしょうか?」などと連絡が入ります。仮にその人がいなくても回せるようでないと会社としてはダメなのではと感じる事例です。

無理ならば無理で休めばいい。自分がいないと会社が回らないと考えている人ほど実はあまり必要とされていない人材なのではないかとも感じます。

最後に

今回のような出勤に影響を及ぼすような事案になるたびに、「本当に日本人は勤勉だなあ」と感じます。

今回は関東だったから報道も多かったように感じます。これがもし地方であれば、これほどまでに大きく騒がれなかったでしょう。いい加減東京中心の偏向な報道はやめてほしいものです。

今もなお電気が復旧していない地域もあると聞いています。これにより熱中症で亡くなられた方もいるそうです。ご冥福をお祈ります。

少しでも早く電気が復旧して、これ以上熱中症で苦しむ人が出ないことを祈るばかりです。東京電力さん、頑張って復旧作業の方をよろしくお願いします。

そしてこのような日本の社畜を決してあざ笑ってはいけません。なぜなら彼らのおかげでわれわれセミリタイア民は安い税金で生活できるのですから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする