スポンサーリンク

やっぱり日本の老後は暗いのか?歳を取っても働かなければならない?

皆さまこんにちは。6割主夫です。ワタクシは先日一つ歳を取り、現行の年金支給開始年齢の65歳まであと20年を切りましたので少し嬉しく感じます。

昔は若いままの方がいいと感じましたが、若いとおっさんやオバはんどもにいつまでもこき使われるのが関の山なので、であれば少しでも歳を取る方がいいと感じています。いくら若い子が先輩の立場でも年輩の人間には少しぐらいは気を遣うでしょうし。

だけど歳を取ると体力の衰えが気になります。昨日もまた腰をやってしまいましたが、世の中においてはそんな老体に鞭打ってまだまだ働いていく必要がありそうです。

スポンサーリンク

日本の老後は暗いらしい

今日こんな記事を見つけました。

日本人の老後の経済状態が、世界ランキングで見て最下位に近い状態に置かれているのをご存じだろうか?年金支給額を減らすことで、形としての制度を維持することはできても、日本の年金はすでに半ば破綻しているのだ

これを見ると、日本という国がいかにダメダメかがよくわかります。年金制度は破綻しているだのいろんなことが書かれてあります。

年金の支給開始も今でこそ65歳ですが、これを下手したら75歳にしようという動きもあります。要は「高齢者になっても働け」というものです。高齢者と言えば仕事を辞めてのんびりと隠居するというイメージが強かったですが、今後はそうもいかなさそうです。

国の愚策のおかげで、少子高齢化が進み、おかげで現役世代にそのツケが来ているのです。だからと言って高齢者を老体に鞭打ってまで働かせる方向に持って行って、年金の支給をずらすというのはかなりおかしいです。

政治家は一般市民の立場や苦しみがろくにわからないからこそ、こんな政策を打ち出すのでしょうね。

高齢者よりも若者の積極雇用が大事では?

一方でこんな記事もありました。

 厚生労働省によると6月の正社員の有効求人倍率が1倍を超えた。非正規社員だけではなく正社員の人手不足感も強まる中、サービス業を中心に60代以上の高齢者層の活用が広がっている。短時間の軽作業を中心に病気の時に気軽に休めるなど「ゆるい」働き方にすることで貴重な戦力となっている。

この記事は高齢者にゆるく働いてもらうことが書かれていますが、果たして高齢者に働いてもらうことが本当にいいことなのかと考えてしまいます。

高齢者ともなれば大半の人が動きも勘も鈍くなってきます。それよりかはもっと現役世代を雇用した方がいいに決まっています。むしろ若い人間の方がゆるく働くことを望んでいるかと感じます。

ワタクシ自身もその一人です。今さらフルタイムで働くよりかは、例えば週3日で1日4時間程度とかでゆるく働くことができればと感じます。

世の中は「男はフルタイム勤務で、パート勤務はあり得ない」と思っている企業もまだまだたくさんあります。いつまでも企業側が考えを変えないと、世の中本当に回らなくなってしまうと常日頃感じています。

高齢者が若者の就業機会を奪ってはいけない


先ほども触れましたが、どうせ雇用するのであれば高齢者よりも若い人間を雇用するのが一番です。

失礼を承知で書きますが、若者の方が高齢者よりも動きが機敏ですし、仕事を覚える速さも断然若者の方が早いですし、すぐに使えると思います。

そして経済的に困っているのは高齢者よりも若者の方でしょう。であればそんな若者を積極的に雇用する方が互いにいいのではないかと感じます。

雇う方の社員も自分よりもはるかに年上の人間よりも若い人間や年が近い人間の方がまだ指導もしやすいでしょうし、高齢者は変にプライドが高いところもありますので、そんな人たちよりかは若者を雇って働いてもらう方が明らかにいいのではと感じます。

高齢者にはゆっくり休んでもらって、できるだけ就業機会を若者に与えてあげる方がよほどいいのです。

最後に

日本の老後ははっきり言って暗いでしょう。正直こんな記事を読むと夢も希望もありません。

今一生懸命に働いている人は将来の年金をあてにしているのでしょう。そのために今稼いだお金を貯金することなく、使える分だけ使っている人も多く見受けられます。

だけど将来なんて本当にどうなるかわかりません。急に大病を患うこともあるでしょうし、交通事故に巻き込まれるかもしれませんし、本当に何が起こるかなんてわかりません。

なので先の見えない将来のために働くよりも、今現在を楽しむのが一番です。だけど暴飲暴食や不摂生などはせず、元気なうちはとにかく健康に過ごせればそれが一番です。

結局老後がああだこうだと今言われても、その時が来ないと何とも言えません。なのでこういう記事に流されることなく日々を楽しく生きることが一番いいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする