スポンサーリンク

セミリタイアをしたので面倒な親戚付き合いはしたくありません

皆さまこんにちは。6割主夫です。実は嫁のもとに義母から連絡があったそうで、何でも祖母の90歳のお祝いをしようというもの。そこでワタクシまでもが呼ばれるという事態になっています。

今は正直子どものこともありますので、あまり遠出をさせたくないのと、何よりもワタクシが嫌な義弟の嫁と顔を合わせること。これが何よりも苦痛なのです。

別に嫁の家族の話だから嫁どまりにしておけばいいのに、何も別にワタクシまで呼ぶ必要があるのでしょうか?今日はそんなお話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

親戚付き合いは基本しない我が実家


ワタクシの実家ではもう随分と親戚付き合いたるものをしていません。これにはいくつかの理由があります。

1.遠い
2.今さら感がある
3.興味がない

以上3つが主な理由です。

そもそもワタクシの実家では母が親戚付き合いというのを非常に嫌っており、その環境で育ったワタクシも自然と親戚付き合いが嫌いになっていったのです。

一方父は父で自分一人で実家に帰ったりするので、ワタクシは父の実家など全く知りません。また父の叔母にあたる人の家によく連れて行かされたりしましたが、正直そんなにつながりのない人のところに連れていかれても一人ポツンと浮いていたので、会話もろくにできず場違いな経験をしたというのもあるからです。

なので子どもながらにも親戚付き合いがこんなにつまらないものだとはと感じたため、以後あまりこういう場に顔は出さないでおこうと決めたのです。

嫁の親戚付き合い

一方嫁はワタクシと正反対で、それなりに親戚付き合いをしていたそうで、葬儀や法事にも律儀に顔を出していたそうです。一方ワタクシは法事などは唯一憶えているのが、中学1年のときに母方の祖母の7回忌に出たくらいで、それ以外は一切記憶がありません。

この嫁のお陰でワタクシ、正直ひどい目に遭っています。まず嫁の母方の祖父。ワタクシ、基本この方を写真でしか知らず面識がなく、ワタクシが結婚する前に亡くなったのです。このときは一応通夜には参加しましたが。

そして7回忌のときに京都のお寺に行ったのですが、これがタクシーでないと行けない辺鄙なところにあり、たぶん今でも一人では行けません。

このとき憶えているのは、義弟の嫁が妊娠中でツワリがひどく寝込むぐらい辛そうにしていたのに、なぜか来ていたのです。普通なら嫁を家に残すのに、嫁が無理をしてでも参加して、嫁アピールをしたかったのでしょうか?嫁の祖母と義母にいい格好を見せたかったのかわかりませんが、なぜそこまでするのか理解できませんでした。ワタクシなら「家で寝とけ」と言ってシャットアウトしますが。

厄介な存在、義弟の嫁

この義弟の嫁、実は非常に厄介な存在で、ワタクシも嫁も正直いい顔はしていません。

まず驚いたのが、まだ義弟が結婚する前の正月の話。みんなで囲って正月を祝っていたのですが、何か料理を作る際に義弟の嫁も手伝っていたのですが、突然冷蔵庫を勝手に開けて、「〇〇はこれですか~」などとまるで既に結婚して嫁に嫁いだようにしていたのが驚きでした。というか引きました。

ワタクシは昔、友達の家に行って冷蔵庫を開けた話を親にしたら物凄くしばかれたのを今でも憶えています。何でも冷蔵庫を開けたらその人の生活を覗くことになるから、そんな嫌らしい真似はするなとこっぴどく叱られたのです。

そんな経験をしてるからでしょうか、彼女がその行為を当たり前のようにしたのを見て、「コイツとは無理」と思いました。人間的には悪くはないのでしょうが、それ以来どうも無理なのです。

90歳の老人を無理やり我が家に押し込める

実は彼女、我が子が産まれたときにも訪問しているのですが、なんとこのときに嫁の祖母を連れてきたのです。

ワタクシの家は一応エレベーターがあるのですが、スキップ式で一部の階には停まりません。このため階段を上下する必要があります。我が家は4階で、エレベーターは5階で降りて、その後渡り廊下を歩いて階段で降りる必要があるのです。

これは正直90歳の老人にはかなりきついです。なのでワタクシは事前に義母に「この家に来るのは大丈夫なのか?辞めておくべきではないのか?」と何度も念押ししました。すると義母は「大丈夫」と言ってはばからりませんでした。

結局義母は補助をして何とか階段を降りましたが、祖母は正直辛そうでした。そしてこの大して広くない3DKの家の8畳部屋に、我が子を入れて何と9人というまさにバカみたいな訪問状態になったのです。

これもおそらく彼女が仕組んだに違いありません。こんな目にまでして彼女は祖母に我が子を見せたかったのでしょうか?何だか祖母が不憫に見えて仕方がありませんでした。

まるで会社の飲み会みたい


こんな彼女も同席して、祖母の長寿祝いをしようと義母が言い出しているのです。非常に申し訳ないのですが、長生きをしたのは確かにすごいことだと感じます。そこは大いに認めます。

だけどそれのためにわざわざ一席を設けて会食をするだなんて、これまさに会社の強制参加の飲み会と同じではないですか!なぜセミリタイアをしてしょうもない人間関係から解放されたのに、またこんな目に遭わなければならないのでしょうか?全くの苦痛でしかありません。

これこそ時間とお金は取られるわ、往復する手間はかかるわでいいところがありません。それに何よりも義理の家族なので大変疲れます。まさに社畜の飲み会と同じです。

なのでやるのであれば個別にやるのであれば別にいいのです。何せ奴に会うのが嫌なのです。いい歳をして何を言っているんだと思うでしょうが、嫌なものは嫌、無理なものは無理なのです。

せっかくセミリタイアをしたのに、嫌な親戚と顔を合わす。これこそ究極の拷問です。必要のない付き合いはもう勘弁してほしいのです。家でゆっくり寝ている方がワタクシには合っているので…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする