スポンサーリンク

お金に働いてもらうのは会社経営と同じ?!

皆さまこんにちは。6割主夫です。よくお金を増やすには、自らが働くのではなくお金に働いてもらうことが大事だとよく言われますが、そんなお金も時にはなかなか気持ちよく働いてくれません。

そんなお金に気持ちよく働いてもらうには、そのときの環境や相場の地合いがいかに良好であるのかが重要になってきます。となると自分のお金に働いてもらうということは、何となく会社経営に似ているのではないかと感じてしまうのです。

スポンサーリンク

お金に働いてもらうには

ワタクシは今、一応株式投資をやってはいますが、正直以前よりかはあまり熱心ではありません。

というのも、今は少し情熱がないというかどうも気持ちに欠けているところが正直強いのです。株というのは自分の力では正直どうしようもないところがあるせいか、例え自分がいくら頑張ったところでどうしようもすることができないと言うのがワタクシの本音なのです。

会社でも社長が一生懸命でないと、従業員はやる気が出ないはずです。これはスポーツの世界においても同様です。監督やキャプテンに覇気がないと、選手たちもそういう人にはついて来ないでしょう。

となると今のやる気に欠けているワタクシにお金が気持ちよく働いてはくれません。ワタクシが資産運用会社の社長と仮定すれば、そんな覇気のない状態の社長のもとで、社員(=お金)が気持ちよく働いてくれるとはとても思えません。

思えば7月はワタクシ自身調子がまあまあ良かったこともあり、キャピタルゲインも好調でした。何となくですが、こういう気持ちの面でもお金が働くのか否かというのは少なからず影響があるのだと感じずにはいられないのです。

実力、運、才能、知識が必要なのは当然


では株式投資でうまいこと成功するにはどうすればいいのでしょうか?

これはもう単純に投資について自ら積極的に勉強をすることでしょう。ちゃんと勉強もしないで、投資をするのは非常に無謀です。

また知識があるだけでもだめで、その知識を最大限に活かすには運や勇気も必要です。どの株にどのタイミングで買うのか、もしくは売るのかを把握し、実行する勇気や、その株がうまいこと上昇してくれるのかという。これらが絡み合って株で儲けることができるのかなと感じます。

もちろんこういった株で儲けるのはある程度の才能といいますか、先見の明というのも必要です。いかにしてその株がどう動くのかを見極め、上昇するのかの見極め。こういうのはもう経験を積むことと、一種の勘が必要です。

こういう要素がうまいこと絡み合って、投資で成功することができるのだと感じています。

あと一歩踏み出す勇気の大切さ

以前は少しデイトレやスイングトレードをやっていた時期もありました。

なけなしのお金を使って、銘柄をここだというタイミングで買って、値動きを見て、ここだというタイミングで売っていくのですが、こんな単純なことなのですが、これが実は一番難しいのです。

何千という銘柄の中から抽出して、しっかりと吟味して、地合いも見ながら買って、上がれば売る。簡単な行為ですが、これは実は非常に勇気のいる行動です。思い切って買うのか、買わないのかでその後の資産にも影響しますので、儲けようとするにはそれなりの勇気が必要となってくるのです。

株は買ったらほぼ下がるものだという気持ちで買わないといけません。上がる方が珍しいというか運がいいのです。株は簡単には下がりますが、上がるのはなかなか難しいです。

これは人の信用にも似ています。信用を失くすことは簡単ですが、その失った信用を取り戻すにはかなり時間がかかります。株の値動きもこれと同じです。失う(下落する)のは簡単ですが、元に戻るのにさえ時間がかかる。そう考えれば株も人と同じなのかなと思わずにはいられません。

最後に

サラリーマン時代のワタクシのポートフォリオはプラスの状態でした。

だけどセミリタイアをした今は含み損状態が続いています。こういうのを見てみますと、ワタクシの思い込みなのでしょうが、何となく周りからの自分に対する信用の表れなのかなと感じます。

サラリーマンであれば、それなりの社会的信用はあります。だけど主夫ともなれば、基本無職ですから、世間の評価はさほど高くありません。

であれば当然人からの信用も低くなるのかと考えてしまうのです。その信用度が今のポートフォリオが表しているのかなと感じるのです。

そういう状態ですから、今はお金に働いてもらっているとは正直言い難いです。だけど会社経営と同じで、社長がやる気がないのに社員だけやる気を持てというのは無茶な話です。

トップが頑張るからこそ、下の者も頑張る。それが組織なのです。そういう意味では我が組織は全然ダメなので、これから何らかの方法で今の状態を改善しなければなりません。

となるとやはり勉強でしょうか?会社経営も日々勉強ですので、ワタクシも時間が取れれば本格的に勉強を再開しようと思います。株式投資もまさに頭脳労働だと言えるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 私も知識や運、技術に乏しいのでほぼETFのインデックス運用に落ち着いてます。
    日本株だと上がったり下がったりのボックスですが、海外指数だと右肩上がりたし、株価は基本的に将来もらう配当を加味した割引現在価値なので本当は上がっていくはずなんですよね。
    僕のようにセンスの無い人間はETFでも買ってバイアンドホールドがいいようです。

    • 6割主夫 より:

      株もいろいろあってなかなか簡単に儲けることはできません。
      けど持ち株の動きって何となくですが、その人の状態を表しているのかなと感じます。
      これをもっといい方向に変えるには、まず自分自身から変わる必要があるのかなと最近は感じています。