スポンサーリンク

世の中誰かが何かをすると絶対に批判が出る

皆さまこんにちは。

先日安倍首相が一律10万円支給を発表したが、これに際してもいろんな批判が生まれている。

その前の所得制限あり30万円支給に関しても批判、そして今回の10万円支給に関しても批判。全く、世の人々は一体どうしたら気が済むのだろうか?

まあ安倍首相も正直苦肉の策の感があるのは否めないが、そもそも財務省なりその他の勢力がいろいろ文句を言ってきたからこそ、あれこれと迷走したのだろう。

まあワタクシ的には今回の10万円支給には大いに賛成なのだが、それでもまだ文句を言う輩がいる。文句を言ったところで決まったものは基本どうしようもないのだから、外野はとやかく言うことなくおとなしくしていればいいのだ。

このように誰かが何かをすると、絶対に反対と言うか批判が出る。今でこそコメント欄を閉じているが、この弱小ブログでさえも書けば批判もあれば、いろんな意見をいただいたものだ。

思うに基本批判をする人というのは自分では何もできないというか何も立ち上げようとしない人だと感じる。

その典型が立憲民主党の蓮舫だろう。彼女は安倍首相の施策に関してやたら批判ばかりしている。思うに最近の彼女からは建設的な発言などほぼ聞いていないような気がする。

批判ばかりするのであれば、何か考えてもっと国民のためになるような施策を考えてみてはいかがだろうか?それこそ本当の政治家ではなかろうか?

批判なら誰でもできる。しかし新しいものを生み出すのはなかなか難しい。まして効果のあるものを作ろうとすれば尚更だ。

ワタクシ自身は別に安倍信者ではないが、思うに首相という役職は本当に大変だなあと思う。もしワタクシであればすぐにメンタルをやられてしまうだろうから、そんな仕事などできそうにないと思う。

ワタクシを含め世の人々は批判だけでなく、もう少し建設的な発言をした方がよろしいのではと感じるのである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする