スポンサーリンク

この時期は寝る前にQPコーワゴールドを飲むのがおススメ

皆さまこんにちは。6割主夫です。昨日は午前中から子どもの関係で外出していたのもあり、正直寝る前はもうクタクタでした。

しかし最後の浴室清掃が終わるまでは寝ることができず、ひたすら睡魔との闘いでした。そこでしっかり疲れが取れるようにと寝る前にQPコーワゴールドを飲みました。

そして眠りにつき、今朝快適に起きることができました。ということはぐっすり眠れた証拠です。特にこの疲れやすい夏場にはおススメの方法です。

スポンサーリンク

実は寝る前の方が効き目がある?

そもそもワタクシはサラリーマン時代は、この時期ほぼ毎日のようにQPコーワゴールドを飲んでいました。

体質上もともと疲れやすいがために、毎日ではないですが服用していました。栄養剤はあまり効果がないという話も聞きますが、少なくともワタクシには効果があるように感じます。

だけどこれだと朝起きたときには疲れが残っている状態であり、すっきり目覚めたとは言えません。であれば逆転の発想で、寝る前に服用した方がぐっすりと眠れて、朝気持ちよく目覚めることができるのではないかと考えました。

ここでこんな記事もありますので、併せて紹介しておきます。

疲れがたまって、体がいうことをきいてくれない!疲れすぎてやる気までなくなりそう・・・。そんな頑張り屋さんを応援するのがキューピーコーワゴールドαです。効果的に飲むタイミングや、ゴールドαプラスとの違いも解説します。

この記事中にもありますように、寝る前の30分から1時間前に服用すれば効果的です。これよりも前に服用しますと、むしろ逆に覚醒しますので飲むタイミングに注意が必要です。

たまに服用するのがいい

基本こういう薬はたまに服用するからこそ効果があるのだと感じます。

もしこういう薬を毎日飲むと、それはもう感覚が麻痺してしまい、むしろ何をやっても効果がありません。なので本当にもう無理だとか、もう限界だというときになって初めて服用することです。

こういった薬であれ、楽しみやご褒美はたまにするから効果もその分あるのであって、それを日常的にしてしまいますと、それがむしろ当たり前になり、さらに効き目のあるものを求めてしまいます。

人は一旦快楽を得ると、さらに上のものを求めてしまいます。そうではなく、こういうものはあくまで平常時において限界に達したときに最後の手段として使うのが一番いいのです。

風邪や口内炎のときにも効果的

このQPコーワゴールドは風邪のときにも効果があります。

基本風邪を引くと、体の免疫も通常時と比較して衰えています。ここでやはりある程度の栄養なり休養が必要になります。

そこで就寝30分前から1時間前にQPコーワゴールドを飲むことにより、睡眠中に栄養が体に行き渡るということです。そうなることで体の機能が回復し、風邪が回復するといった具合です。

また口内炎のときも同様です。口内炎が発生するのはほぼ疲労がひどいときに発生します。これも口腔内の洗浄はもちろんですが、体を休めることが必要になります。

であれば先ほどの風邪と同様で、これも就寝前に服用してぐっすり休養を取ることで、口内炎の程度もかなり回復します。もちろん平行して口腔内の洗浄も行うことも大事ですが。

最後に


これらのことはワタクシ自身が実際に試して効果があったことを書いています。

そういえばセミリタイア後は余計な疲労というのがなくなったせいか、口内炎になった記憶がありません。口内炎も一度かかれば回復に結構時間がかかります。口内炎になると食事がうまいこと摂れないのにイライラした記憶もあることでしょう。

今はそんなことがないのでいいのですが、とにかく風邪にしても何にしても病気はかかり始めが肝心です。ワタクシが口内炎になったときに行っていたのは、QPコーワゴールドを飲むこと以外に、口腔内を洗浄した後に夜通しに患部に梅干しの梅肉部分を当てていました。

梅干しの酸が口内炎には効くのです。特になり始めた傷の浅いうちにこれをすることで、あの痛みを防ぐことができます。

最後に、これはあくまでワタクシがやったことを書いたわけですが、これが皆さんに全てあてはまるとは限りません。ただワタクシ自身が実際に行ったことが参考になればということで書いたわけです。

なので実際に行うときはあくまで自己責任の上で行ってください。いざ身体に異変が起こったところで当方としては責任は取れませんので、もし実行するのであればそこを承知の上で行ってくださいということを申し添えておきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする