スポンサーリンク

サラリーマン時代に読んでおけばよかった本

皆さまこんにちは。6割主夫です。よくセミリタイアをすると、心に余裕ができるからか、人に優しくなったり、怒らなくなったりという声をよく耳にしますが、悲しいことにワタクシにはそんなことは起こっていません。

それでもまだ以前よりはましになったと妻からは言われますが、それでもやることなすことがうまくいかないときや、予定が狂ったときなどはかなりイラつくことが今でもあります。

サラリーマン時代は特に今よりもカリカリしていたかと感じます。もっと気楽に、マイペースで働いておけばよかったのかなあと今頃になって感じます。

スポンサーリンク

蛭子能収のサラリーマン観

そんなワタクシは今日、蛭子能収の「こんなオレでも働けた」という本を読みました。

蛭子さんといえば、4コマ漫画と麻雀のイメージが強いですが、実はそんな蛭子さんも若い頃にはサラリーマンの経験があったのです。そんな彼のサラリーマン観が書かれているのですが、中身は出世欲など持たず、お金のために働くと割り切っていたところです。なので仕事は基本まじめにやっていた様子が書かれています。

人をけり落としてでも出世なんてしたくない、仕事はお金をもらうためにやっている、生活をするための手段という考えでサラリーマンをやっていたのです。

そこには必死さはないけれど、社長や上司の命令であれば忠実にこなしていく。意外ですが蛭子さんは結構仕事は真面目にこなしているのです。

いつもヘラヘラしている感が強いのでいい加減な感じがしますが、仕事も「職業に貴賤はない」という主義なので、基本来た仕事は例えギャラが安くても断らないそうです。

飲み会と派閥が嫌い


蛭子さんは会社の飲み会が嫌いと言っています。

仕事の終わりの飲み会はたいがいが会社の愚痴になるので、そんな時間があれば家族とゆっくりすると言っています。

飲み会はワタクシも嫌いでした。ワタクシは平成時代のサラリーマンで、今でこそこのように飲み会嫌いの人も多いように感じますが、蛭子さんは昭和時代のサラリーマンです。そんな昭和時代においても、こんな考えを持っていたということは、その時代から会社の飲み会というのは、くだらない場だったのでしょう。

また蛭子さんは派閥も嫌いと言っています。いわば会社内で仲間を作って、その連中と群れることですが、ワタクシもこういうのは嫌いでした。会社の付き合いなんて、その時限りで辞めてしまえば音沙汰無しというのがオチです。そんな時間があるくらいなら、一人で行動するのが一番だと言っています。

こうして見ますと、ワタクシの生き方と何だかよく似ています。もっと早くにこの本を買っておけば、ワタクシのサラリーマン生活もまた違ったものになっていたことでしょう。

人が仕事をするのはお金のため

こうして見ますと、蛭子さんは人生開き直って生きている感が非常に強いです。

仕事は何のためにしているのかと言われると、ズバリ「金のため」とはっきり言います。普通であれば上司などからこのようなことを問われると、「社会貢献」だとか「やりがい」だとか言いますが、それらは大義名分であって、実際のところはみんなお金のためなのです。

ワタクシがブログを書いているのも、実はお金が目的です。それがなければ正直時間と頭と労力を使って毎日こんな記事作成などしません。

本当にその仕事が好きであればお金をもらわなくてもいいはずです。ボランティアですればいいのです。家事が好きであれば、ワタクシみたいに主夫をするのもいいでしょう。

だけどこの世はお金がないとやっていけません。なので会社の面接で志望動機をいろいろ言いますが、究極のところは「お金が欲しいから」なのです。仕事はそのお金を得る手段に過ぎないのです。

最後に

正直見た目はダメダメな蛭子さんですが、意外にもその考えは共感できる部分が多いです。

人とのつながりも果たして本当に必要なのかと言っています。よくフェイスブックで多くの友達とのつながりを自慢している人がいますが、あれって「繋がりが多い自分」を人にアピールしているのでしょうか?

何千人の繋がりなど無くても必要最小限の友人さえ確保しておけばなんとかなるのではないかと感じます。特にこれからは特に自分の身は自分で守る時代ですので、人に頼る前に自分の頭で考えて行動しないといけないのです。

人との繋がりを自慢するよりも、これからの時代どのようにして生き残ることができるのかを日々考えて行動しないといけないと感じます。

こんなオレでも働けた (講談社BIZ)
蛭子 能収
講談社
売り上げランキング: 506,540

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 蛭子さん、すごいなあ。
    僕も派閥は嫌いでした、お前はどっちなんだ的な流れがあるとうんざりで、どっちでもないですよ、どうでもいいですからと言ってましたね。

    サラリーマンはまさにカネのため。やりがいとか仕事が好きってのは茶番だと思ってます。

    Facebookの仲間写真はほんとウザいですねw
    皆で居酒屋で集まってうぇーい、とやってるあれですけど、毎回メンバーが同じだったりww
    こいつらほんとに寂しいんだろうなって思います。
    最近は見なくなり、メッセンジャー機能しか使ってないです、あれはそこそこ便利なので。

    • 6割主夫 より:

      蛭子さんのような一見何も考えていない人の方が結構メンタルも強いのだと感じます。
      人から何を言われても気にしない。自分第一に生きる。簡単なようですが、これって結構できないものです。
      それでも自分を大事にして生きてきた蛭子さんの生き様には頭が下がる思いです。