スポンサーリンク

今更ながら2019年度の支出額を確定させてみた

皆さまこんにちは。早いもので今日から6月。これからはジメジメとした季節だね。

さて、そんな中ワタクシはようやく昨年度の支出額を計算してみた。本来であればとうの昔にはできていたのだが、ただ単に面倒くさくて、確定させるのが今に至ったわけだ。

というわけで今日はこれらの額及び今後の対策について考察していく。

トータル支出からわずかな収入等をプラスした後の家計費・保険料・個人支出等を全て含めた支出額は947,584円だった。ちなみに2018年度は820,529円だった。年間支出目標額の百万円を昨年度も下回ることができたのはまあまあ良かった。

昨年度は家賃が5万円にも満たないにもかかわらず、一昨年よりも支出が多くなってしまった。この要因は株の売却益の減少である。昨年度はソフトバンクが売れただけで、その利益は1万円にも行っていない。一昨年度と比較して10万円以上少なくなってしまった。

とはいえ、何となく今はあまり株もやる気がなく、どちらかといえば相場を眺めているだけだ。一時日経平均が下がったときもあまり買おうという気にはなれなかった。

ちなみに今年度の家賃は7万円超え。これは妻が職場復帰して以降の収入を計算したうえでのことだ。なので今年はあまり使えないはずなのだが、すでに通販でかなりの買い物をしている。

今年度は家賃が2万円超高くなるが、その分子どもが3歳児クラスになったために保育料4万円余りが無料となり、給食費6千円のみとなった。これは非常に大きい。

コロナのお陰で割引や特売が無くなる中、食料品や日用品に関しては、今はできるだけ安い店を回って買い物をしている。主夫としてはこうしてほんのわずかでも節約しないとこれからはやっていけないと感じている。

となるとやはり株を再開しようかなあ。とはいえ、何となくだがやろうという意欲というか勇気が湧いてこない。

なので今ある資産をいかに大事に使うかが課題だ。幸い買うべきもの大体買ったので、後はせいぜい食費だろう。これをいかに減らすかが課題だ。

とはいえ、極端な我慢をしてまで節約をしようとは思わない。食べたければ食べればいいし、無理なら無理に食べる必要もない。

なのでこれからはメリハリをつけてお金を使って行こうかと考えている。だけど使い過ぎには気を付けなくてはいけないが…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 家族ブログ 主夫へにほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする